インスタグラムのリーチ数とは?見方や増やす方法・インプレッション数との違いも徹底解説!

インスタグラム運用で成果を出すためには、指標の一つであるリーチ数を伸ばすことが大切です。

インスタグラム運用を始めたばかりの方の中には、リーチ数とその他の指標を間違えて覚えてしまっている方もいるかもしれません。

この記事では、インスタグラムにおけるリーチ数と他の指標の違い・リーチ数を増やすコツなどを紹介します。リーチ数を伸ばしてインスタグラム運用で成果を出したい方は、ぜひ参考にしてください。

\運用に関する無料相談実施中!/

インスタグラムにおけるリーチ数とは?

インスタグラムにおけるリーチ数とは、投稿を見たユーザー数のことを指します。

例えば、投稿を見たユーザーが5人いる場合のリーチ数は「5」となり、ユーザーが増えるごとにリーチ数も増加します。

「リーチ」の意味

「リーチ」とは元々マーケティング用語の一つで、「広告がどのくらいの人に見てもらえたのかを表す指標」です。

リーチ数を知ることで、自社アカウントの認知度を確かめられます。

インスタグラムでは、アカウントの認知度がいいね・コメントの獲得につながるため、リーチ数はインスタグラム運用をする上で重要な指標です。

リーチ数とインプレッション数・エンゲージメント数の違い|各数値を見極める例題も

インスタグラム運用を始めて間もない方などは、インプレッション数やエンゲージメント数などの指標を、リーチ数と混同して覚えている方もいるかもしれません。

インプレッション数とエンゲージメント数の意味は、以下のとおりです。

インプレッション数

インプレッション数とは、ユーザーの画面に投稿が表示された回数のことです。例えば、あるユーザーに投稿が10回表示された場合のインプレッション数は「10」となります。

一方で、リーチ数は投稿を見たユーザー数のため、一人のユーザーに投稿が10回表示されても「1」のままです。

特に、リーチ数とインプレッション数は似たような指標のため、下記のように覚えることをおすすめします。

  • リーチ数=投稿が「届いた人数」
  • インプレッション数=投稿が「ユーザーに見られた回数」

どちらも似たような指標ですが、インスグラム運用をする際は、リーチ数とインプレッション数を混同せず覚えることが大切です。

エンゲージメント数

エンゲージメント数とは、ユーザーが投稿などでアクションを起こした回数のことです。

エンゲージメント数にカウントされるアクションは、いいね・コメント・シェア・コメント・保存などがあります。

例えば、ユーザーから投稿に対して、いいね・コメントが一件ずつついた場合のエンゲージメント数は「2」となります。

なお、いくらユーザーがアクションを起こしても、リーチ数は「1」のままです。

リーチ数・インプレッション数・エンゲージメント数を判断する例題

各数値を見極めるには、例題などを通してシチュエーションごとの数値を理解することが大切です。

例えば、投稿Aが10ユーザーに届いてアクション数が6でした。なお、投稿Aはある一人のユーザーにだけ15回表示されたものとします。

この例題の場合、リーチ数・インプレッション数・エンゲージメント数は、次のようになります。

  • リーチ数=10
  • インプレッション数=24
  • エンゲージメント数=6

上記の場合、ユーザの中の一人だけに投稿が15回表示されたため、インプレッション数は9+15=24となります。

インスタグラム上でリーチ数を確認する方法

インスタグラム上でリーチ数を確認する際は、インサイトを開くことでチェックできます。「リーチしたアカウント数」と記されている部分の数値がリーチ数です。

なお、リーチ数はアカウント全体のリーチ数と投稿ごとのリーチ数に分けて調べることもできます。

アカウント全体のリーチ数が知りたい場合は、プロフィールの「インサイト」を開くと確認できます。

投稿ごとのリーチ数は、リーチ数が知りたい投稿から「インサイトを見る」を開くとチェックすることが可能です。

アカウントの拡散力が知りたいときは全体のリーチ数を、投稿ごとの分析をしたいときは投稿ごとのリーチ数を確認しましょう。

インスタグラム上でリーチ数が確認できないときの原因

インスタグラムのインサイトを開いてもリーチ数が確認できないときは、次のような原因が考えられます。

  • インスタグラムもしくはスマホの不具合
  • ビジネスアカウントを利用していない

リーチ数が確認できない原因のほとんどは、インスタグラムもしくはスマホの不具合によるものです。

インスタグラムやスマホの不具合が疑われる場合は、インスタグラムにログインし直したりスマホを再起動かけたりして、リーチ数が表示されるのかをチェックしましょう。

プライベートアカウントの場合はインサイトがないため、リーチ数を確認できません。「設定」からビジネスアカウントに切り替えたのちに、インサイトからリーチ数を調べてみてください。

インスタグラム運用でリーチ数を伸ばすべき理由

インスタグラム運用で効果を出すためには、リーチ数を伸ばすことが大切です。

リーチ数が伸びる=ユーザーに投稿が届きアカウントの認知度が高まることを意味し、商品・サービスが今まで以上にユーザーの目に届きやすくなります。

リーチ数が伸びると、自社のアカウントは広告塔としての役割を果たします。結果、今までかけていた広告費を削減することが可能です。

「自社の認知度を上げたい」「売上を拡大させたい」という方は、インスタグラム運用を通してリーチ数を伸ばすことに力を入れることが重要です。

インスタグラム運用でリーチ数を増やすコツ

インスタグラム運用でリーチ数を増やすためには、下記の施策が有効です。

  • 投稿頻度を上げる
  • ユーザーが多い時間帯に投稿する
  • ハッシュタグを活用する
  • フォロワーとコミュニケーションを図る
  • ストーリーズで投稿を知らせる
  • リポスト・メンションを使ったキャンペーンを実施する
  • リールで発信する
  • 広告を出稿する

リーチ数が増える=投稿を見たユーザーが増えることを意味します。リーチ数を増やしたい場合は、今よりも投稿を見てもらえる施策を講じることが大切です。

ここからは、リーチ数を増やす7つのコツを詳しく紹介します。

投稿頻度を上げる

リーチ数を増やしたい場合、投稿頻度を上げる施策が効果的です。投稿数を増やしていかなければ、ユーザーに投稿を届けることができません。

投稿頻度は高ければ高いほどよいですが、質の高い内容を毎日投稿することは難しいでしょう。毎日投稿できない場合は、最低でも3日に1回は投稿することが大切です。

投稿頻度が上がると、検索タブやハッシュタグ検索の上位に表示されやすくなります。外部からのリーチ数を上げられる可能性もあるため、まずは投稿頻度を上げる施策から始めてみてください。

ユーザーが多い時間に投稿する

ユーザーが多い時間帯に投稿すると、投稿を見てもらえる可能性が高くなるため、リーチ数が増えると考えられます。

時間帯がインスタグラム上で活動するユーザーが増える時間帯は、下記のとおりです。

  • 7〜9時
  • 12〜13時
  • 20〜22時

7〜9時は通勤通学時間、12〜13時は昼休憩の時間、20〜22時は寝る前のリラックスタイムであるため、インスタグラムを利用するユーザーが多くなります。

ただし、自社のターゲットやフォロワーが最もインスタグラムを利用する時間帯を狙うのが最も重要です。

フォロワーが多くログインしている時間帯は、インサイトの「最もアクティブな時間」から確認できます。

ユーザーが多い時間帯を狙って投稿し、ユーザーから最も反応を得やすい時間帯を見つけ出すと、リーチ数をより伸ばせるでしょう。

ハッシュタグを活用する

インスタグラムは他のSNSよりも拡散力が低いため、外部のユーザーに投稿を届けるにはハッシュタグを活用することが欠かせません。

ハッシュタグをつけて投稿すると、ハッシュタグ検索から自社アカウントの投稿を外部のユーザーに見つけてもらいやすくなります。

ユーザーの多くは興味のある投稿を見つける際に、ハッシュタグ検索を使うことが一般的です。

ハッシュタグ検索を使うユーザーは、ハッシュタグの内容に興味関心があると判断できます。そのため、ハッシュタグ検索から自社の投稿を見つけてもらうと、リーチ数だけでなく、新規のフォロワーの獲得も期待できるでしょう。

投稿を作成する際は、ハッシュタグを30個までつけられますが、インスタグラム公式は3~5個を推奨しています。ただし、アカウント立ち上げ初期はリーチ数を確保するため15個程度はつけた方が良いでしょう。

ハッシュタグを使う際の注意点

投稿に関連のないハッシュタグを無作為につけても、意味がありません。ユーザーの気持ちに立って、投稿に関連するハッシュタグを選定してください。

フォロワーとコミュニケーションを取る

リーチ数を伸ばしたい場合、いいね・コメントを使って、ユーザーとコミュニケーションを取ることが大切です。

フォロワーとコミュニケーションを取ると下記のメリットが得られ、リーチ数が増える可能性が高くなります。

  • フォロワーに投稿を共感してもらいやすくなる
  • フォロワーに自社のアカウントをアピールできる
  • フォロワーが自社アカウントにアクションを起こしやすくなる

アクションが増える=シグナルが溜まることを意味します。検索タブ・フォロワーのホームに投稿が表示されやすくなるため、リーチ数が上がることが見込めます。

フォロワーとコミュニケーションを取る行為は、一見するとリーチ数の増加に関係ないように見えますが、リーチ数をアップさせる施策としてかなり有効です。

他にも、フォロワーとコミュニケーションを取ると、ホーム率も高められます。フォロワーとコミュニケーションを取ることは、簡単でありながらさまざまなメリットをもたらすため、今すぐに始めてみましょう。

ホーム率に関する詳しい情報は、下記の記事を参考にしてください。

ストーリーズで投稿を知らせる

ストーリーズで投稿を公開したことを知らせることも、リーチ数を増やす上で重要です。

投稿を公開するだけではフォロワーに気づいてもらえず、リーチ数が思ったように増えない可能性があります。

ストーリーズで投稿を知らせる際は、リポストを活用すると、ユーザーがワンタップで投稿に辿り着けます。

ストーリーズのリポストは、投稿に辿り着くまでの負担が少ないため、ユーザーにストレスを与えることなく投稿をアピールできる点が魅力です。

投稿頻度を上げることに加えて、ストーリーズで投稿を公開したことを周知すると、よりリーチ数を上げられるでしょう。

リポスト・メンションを狙ったキャンペーンを実施する

リポスト・メンションを狙ったキャンペーンを実施すると、リーチ数を上げられる可能性があります。フォロワー外のユーザに投稿を拡散できるため、自社アカウントの投稿を見てもらえる機会が増えるでしょう。

ユーザーが参加する認知度拡大を狙ったキャンペーンは、プロモーションマーケティングと呼ばれ、企業・有名人なども活用します。

リポスト・メンションを狙ったキャンペーンを実施する際は、「参加者に対して、抽選で○名にプレゼントをする」など、参加者に何かしらのメリットを準備してください。

キャンペーンに参加するメリットを準備すると、リポスト・メンションを無償でお願いするよりも効果的です。

リポスト・メンションを狙ったキャンペーンは、投稿を拡散させられるほか、外部のユーザーからフォローされる可能性も高まります。リーチ数とフォロワーを同時に増やしたい方におすすめです。

リールを発信する

リールは今最もリーチ数を確保できる発信方法です。フォロワーが少なくても数万再生される(リーチ数も数万人となる)ことも珍しくありません。

リールのリーチ数(再生数)を伸ばすには、視聴完了率が重要です。最初はあまり長すぎず10秒以内の動画から発信してみるとよいでしょう。

広告を出稿する

広告を出稿する方法も、リーチ数を伸ばす方法として有効です。1日あたりの予算が500円前後でも、数千以上のリーチ数を得られることがあります。

広告を出稿したい場合は、投稿の右下に表示される「投稿を宣伝」というボタンをタップしてください。その後、広告の目的・オーディエンス・予算と掲載期間などを決めていくと簡単に出稿できます。

広告を出稿することに対して、「膨大な広告費が必要になりそう」と思う方もいますが、インスタグラムでは、1日200円から広告出稿できます。リーチ数を短期間で伸ばしたい方は、可能な範囲で広告出稿にもチャレンジすることがおすすめです。

インスタグラムのリーチ数が伸びないもしくは減ったときの原因

インスタグラムのリーチ数が伸びない、もしくは減ったときは、何かしらの原因が考えられます。

特に、フォロワーの活動する時間に合わせて投稿できていない・ハッシュタグを適切に使えていないことが原因で、リーチ数が伸び悩んでいるアカウントが多くあります。

リーチ数が伸びないもしくは減っている原因は、一概に突き止められません。リーチ数が伸びない原因の仮説を立てて、施策を講じることで改善できます。

「リーチ数が伸びないもしくは減ってしまった」という悩みを抱えている方は、インスタグラム運用のコンサル・運用代行を手掛けている「OIKAZE」にご相談ください。

OIKAZEでは、インスタグラム運用の無料相談を実施しており、お客様に適した運用方法を提案できます。

有料ではありますが運用をレクチャーする「お試しプラン」も用意しておりますので、インスタグラム運用で成果を出したい方は、ぜひOIKAZEにお問い合わせください。

\運用に関する無料相談実施中!/

まとめ

インスタグラムにおけるリーチ数は、投稿を見たユーザー数のことを指します。インプレッション数・エンゲージメント数とは意味が異なる点を知っておきましょう。投稿頻度を上げる・キャンペーンを実施するなどの施策を講じると、リーチ数を伸ばすことが可能です。

インスタグラム運用をする際に、「リーチ数がうまく伸びない、または減ってしまった」という方は多くいます。リーチ数がうまく伸びない場合は、運用方法が間違えているかもしれません。

「OIKAZE」では、インスタグラム運用の無料相談を実施ています。お客様のアカウントに最適な運用方法を提案いたしますので、インスタグラム運用でお悩みの方は、ぜひOIKAZEにお問い合わせください。

\運用に関する無料相談実施中!/