インスタグラムのメンションとは?コンテンツ別のやり方・メンションされたときのお礼の仕方も解説!

インスタグラムには、機能の一つとして「メンション」があります。メンションでは、投稿やストーリーズなどにユーザーを紐付けられます。

業種にもよりますが、ユーザーと親密な関係を築きたい方・インスタグラム運用で集客したい方は、メンションを活用すると、効果が期待できるでしょう。

この記事では、メンションに関する基礎情報から、メリット・デメリット、コンテンツ別のメンションのやり方を紹介します。集客効果を上げるメンション戦略も解説するため、インスタグラム運用で成果を出したい方は、ぜひ参考にしてください。

\運用に関する無料相談実施中!/

インスタグラムにおけるメンションとは?

インスタグラムのメンションとは、「@(アットマーク)」からはじまる人物タグをつけることを言います。一般的にメンションを使うシーンは、投稿やストーリーズに掲載するときです。

メンションを受けたユーザーには、リアルタイムで通知されます。そのため、誰からメンションされたのかを、ユーザーは簡単に確認できます。

また、インスタグラムにはハッシュタグと人物タグの2つがあるため、混同しないように注意しましょう。

【店舗向け】インスタグラム上におけるメンションのメリット・デメリット

インスタグラム運用に取り組む際は、メンションのやり方だけでなく、活用する際のメリット・デメリットを知っておくことが大切です。

メンションを活用するメリットのみしか知らない状態では、トラブルを引き起こす恐れがあります。

ここからは、店舗経営者がメンションを活用するメリット・デメリットを詳しく紹介します。

メリット

店舗経営者がインスタグラムでメンションを活用するメリットは、下記の2つです。

  • フォロワーにメンションされると口コミ効果がある
  • ユーザーとの距離感を縮められる

フォロワーの投稿もしくはストーリーズで自社アカウントのメンションをされると、口コミとしての効果が期待できます。

ユーザーは店舗アカウントが発信する情報よりも、身近のユーザー(第三者)が発信する情報を信じやすい傾向です。そのため、ユーザーにメンションされる戦略を講じると、集客効果を期待できます。

また、メンションされるコンテンツが増えれば、検索タブやユーザーのタイムラインに露出しやすく、新たな顧客の獲得につながることも珍しくありません。

メンションをうまく活用すれば、お礼のやりとりなどをDMでする回数が増えるため、ユーザーとの距離感を縮められます。

ユーザーの中には、退店後のアフターフォローを丁寧にする店舗を好む方がほとんどです。メンションを活用してDMへつなげれば、退店後もコミュニケーションが取れるため、リピートしてくれる可能性が高くなります。

デメリット

店舗経営者がインスタグラムでメンションを使う際は、すべてのユーザーがメンションを好意的に捉えていないことを知っておきましょう。

親しくないアカウントからメンションされることに苦手意識がある方も多いです。

基本的には、定期的に来店している仲の良いお客さんのアカウントをメンションするまでにとどめておきましょう。

その他のお客さんをメンションしたい場合は、「自社のアカウントで取り上げてもいいですか?」など、ひと声かけておくと安心です。

お客さんとの信頼関係を損なう恐れがあるため、メンションするときは常識的な配慮が必要です。

【コンテンツ別】メンションのやり方

インスタグラムには、通常投稿・ストーリーズでメンションを利用できます。なお、リールは、キャプションの中でしかメンションできません。動画の中では、メンションできないことを知っておきましょう。

インスタグラム運用では、投稿やストーリーズ配信をすることが欠かせないため、どちらのコンテンツでもメンションできるようやり方を知っておくとよいでしょう。ここからは、投稿とストーリーズに分けて、メンションのやり方を紹介します。

投稿編

インスタグラムの投稿でメンションする際は、2通りのパターンがあります。通常投稿のキャプション(説明文)でメンションする方法と、タグ付けする方法です。

まずは、キャプションでメンションする手順から紹介します。

  1. 投稿作成画面を開く
  2. キャプション入力画面で「@+アカウント名」を入力
  3. ユーザー候補が複数表示されるためメンションしたい相手を選択
  4. キャプションの入力が完了したら「OK」を選択

次に、タグ付けでメンションを利用する手順は以下の通りです。

  1. 投稿作成画面の「タグ付け」を選択
  2. 投稿する写真の任意の場所をタップする
  3. メンションしたいユーザーを選択

一般的にキャプションでのメンションは、会話の一部として利用される傾向であり、タグ付けは、投稿内容を補足するような役割で活用されています。

ストーリーズ編

ストーリーズでのメンションは、テキストでメンションする方法とストーリーズ用スタンプを利用する方法の2通りあります。まずはテキストでメンションする手順から解説します。

  1. ストーリーズの編集画面で「Aa」を選択
  2. 「@」から入力し、紐付けしたいアカウント名を選択
  3. フォントデザイン・フォントの色を選択
  4. 文字の配置をドラッグして調整する
  5. ストーリーズ(もしくは親しい友達)のアイコンをタップする

ストーリーズのメンションは、すべてのアカウントに公開する方法(全公開)と、一部の人のみ(親しい友達)に公開する範囲を選択できるのが特徴です。

ストーリーズ用のスタンプを使ってメンションする方法は、以下の通りです。

  1. ストーリーズ編集画面で「スタンプ」を選択
  2. スタンプの中にある「@メンション」を選択
  3. 表示させたいユーザー名を入力して選択
  4. スタンプを配置させたい場所にドラッグして調整する
  5. ストーリーズ(もしくは親しい友達)のアイコンをタップする

ストーリーズ用のスタンプを利用すると、動きのある人物にメンションを固定させることが可能です。

複数人が写っている動きのあるストーリーズだと、メンションがズレてしまいます。メンションを固定することにより、誰がアカウントの人物かを特定しやすくなるのが、スタンプを利用するメリットです。

【インスタ運用に注力している方用】メンションする際に知っておくべきこと

インスタグラムのフォロワーを増やすためにメンションは効果的です。下記は、インスタグラム運用をする方が知っておくべきメンションの特徴です。

  • メンションはフォロー状況に関係なくできる
  • メンションしたユーザーにはDMへ通知がいく

以下では、メンションする際に知っておくべき2つのことを詳しく見ていきましょう。

メンションはフォロー状況に関係なくできる

メンションは、フォロー状況に関係なく利用することができます。また、メンションしたいユーザーが非公開設定であっても、メンションできるのが特徴です。

ただし、店舗アカウントの場合は、フォローされていないユーザーをメンションすることは極力控えてください。

ユーザーの多くは、フォローしていないアカウントからのメンションに対して不安を覚えます。したがって、フォローされていないユーザーをメンションすると、店舗アカウントのイメージダウンにつながる恐れがあります。

メンションされることが嫌な方を巻き込まないためにも、メンションする際は確認を得るなどの配慮をしましょう。

メンションしたユーザーにはDMへ通知がいく

インスタグラムでメンションをすると、投稿と同時に自動的に相手へDMの通知がいくため、どのようなアカウントがメンションしたのかをユーザーは把握できます。

インスタグラムを利用している方の中には、他のユーザーとの関わりをもたないようにしている方もいます。

メンションする際は、ユーザーの利用状況を確認しておかないと、相手に不快な思いをさせる可能性が高くなるでしょう。

インスタグラムでメンションができない・出てこないときの原因

インスタグラムでメンションできない場合、下記で紹介する原因が考えられます。

  • メンションのアットマークが全角になっている
  • アカウントが削除されている
  • アカウントが制限されている
  • アプリの不具合

上記以外にも、相手がメンションの制限をしているケースやブロックされているケースでもメンションができません。

メンションができない場合、インスタグラム側のトラブルが多いため、アプリを更新したり端末を更新したりすると、解決できることが多い傾向です。

インスタグラムで集客効果を上げるメンション戦略

インスタグラムで集客数を伸ばしたい方は、自社アカウントでメンションする回数を増やすよりも、第三者にメンションしてもらう戦略が有用です。

第三者によるメンションは、拡散性があるだけでなく、口コミとしての役割を果たします。

第三者にメンションしてもらう際は、メンションとオリジナルハッシュタグを用いた戦略が効果的です。

例えば、ネイルサロンの場合は、オリジナルハッシュタグと自社アカウントをメンションしたネイルの投稿をユーザーにもらうと集客効果が期待できます。

ただし、メンションしてもらう戦略はユーザーに負担がかかるため、「次回来店時に利用できるクーポンを抽選で◯名に当選」など、何らかの特典を用意することがおすすめです。

メンションを使った戦略を講じる際の注意点

メンションを使った戦略は、すべてのアカウントに適しているわけではありません。業種によるものの、メンションを使って自社のサービスを利用したことが周囲に知られたくないユーザーも多くいます。

特に、ユーザーがコンプレックスに感じている部分が変化する、脱毛サロン・美容整形外科などでは、メンションを使った戦略を用いることが困難です。

また、脱毛サロン・美容整形外科などの場合は、ユーザーのアカウントを自社アカウントでメンションすることも控えてください。施術を受けるユーザーの多くは、脱毛・整形したことを他の方に知られたくありません。

一方で、飲食店・美容院・ネイルサロン・マツエクサロンなどの業界では、メンションを使った戦略が効果的です。

自社で運営しているアカウントに合わせて、メンションを使った戦略を講じるべきなのか判断しましょう。

インスタグラム上でメンションをされたらどうすればいい?お礼の仕方を紹介

店舗でインスタグラムを運用している場合、ユーザーからのメンションを受けるケースが多くあります。

ユーザーからメンションされたときは、何らかのアクションを起こすことが大切です。アクションすると、ユーザーに親近感を覚えてもらいやすく、再び来店してもらえる可能性が高くなります。

ここからは、メンションされた際に効果的なアクション方法を3つ紹介します。

「いいね」を押す

インスタグラムでメンションされた投稿は、ダブルタップして「いいね」ができます。いいねを押すと、投稿したユーザーに「あなたの投稿に「いいね!」しました。」と通知されるため、感謝の意思を伝えるのに最適です。

メンションしたアカウントからいいねが返ってくると、メンションしたユーザーの評価が上がり、店舗の評判も良くなるため、積極的に利用していきましょう。

DMを送る

メンションされた際は、DMで通知が来るため「ありがとうございます!」とお礼のDMを返信することも効果的です。メンションする行為は、あなたを紹介したいことを意味します。

メンションを受けた際に投稿を見た感想を伝えると、ユーザーとの距離感をより縮められます。

ただし、ダラダラと関係のないDMを続けると、ユーザーにめんどくさいと思われるかもしれません。メンションされたことに対する感謝を述べるだけにとどめ、関係のない会話は続けないようにしましょう。

リポストをする

リポストとは、自分以外のユーザーの投稿を自分の投稿として引用することです。リポストをすると、自分のフォロワーに投稿が拡散されます。

また、リポストした際は、元の投稿のユーザー名が自動で表示される仕組みです。リポストした際に、一言感想を添えておくことで、お礼として利用できます。

アカウントを見てくれるユーザーにリポストしてくれる店舗だと伝われば、店舗に訪れた方がメンションをしてくれる確率が上がるでしょう。

インスタグラムのメンションに関するよくある質問3つ

インスタグラムのメンションを有効活用するためには、一つでも悩みを減らしておくことが大切です。以下では、インスタグラムのメンションに関するよくある質問を3つ紹介していますので、参考にしてください。

Q.メンションとタグ付けの違いはどこにありますか?

タグ付けは、投稿する写真・動画自体に設定するものであり、キャプションやストーリーズの文章には設定できない仕組みです。

また、通常投稿のキャプションにメンションをする際と、タグ付けするときの相違点は以下の通りです。

キャプションでのメンションタグ付け
・キャプションにアカウント名が表示される
・メンションされたら解除できない
・写真にアカウント名が表示される
・タグ付けされても解除できる

マイナスイメージを与える投稿にタグ付けされた場合は、タグ付けされた側からタグを外せます。

タグ付けアイコンをタップし、タグを外したい投稿の「・・・」から「タグのオプション」を開き、「投稿から自分を削除」を選べば、タグ付けが解消されます。

Q.店舗側から来店してもらったお礼をする際はメンションすべきでしょうか?

お客さんに来店してもらった際は、投稿でメンションするよりも、DMで直接伝えるほうがおすすめです。

メンションを使った投稿は、第3者に向けてお客さんを紹介することになるため、自社の利益のためと思われる可能性があります。

一方で、DMは直接お客さんにだけ届くメッセージなので、会話が発展して距離感を縮められるかもしれません。お客さんと店舗の距離感が縮まると、再び来店してもらえる可能性が高くなります。

リソースが割けるようであれば、来店してくれたお客さんのアカウントに「来店ありがとうございました」など、感謝の気持ちを伝えるDMを送りましょう。

Q.小文字でしかメンションを入力できませんがバグですか?

バグではありません。インスタグラムの仕様でメンションは、ユーザー名ではなくユーザーIDを入力する必要があるため、大文字で入力しても小文字で表示されます。

Q.投稿・ストーリーズ一つにつきメンションは何人までできますか?

ストーリーズでメンションできる相手は、1回の投稿で最大10人までです。

ちなみに、1つの投稿でタグ付けできるアカウント数は20個までとなっています。投稿する写真に合わせて、メンションとタグ付けを使い分けるとよいでしょう。

インスタグラムのメンションに関する疑問がある方は「OIKAZE」へ

インスタグラム運用およびメンションに関する悩みを抱えている方は、インスタグラム運用コンサルを行なっているOIKAZEへ、ぜひご相談ください。

OIKAZEでは、インスタグラムで特定のターゲットを狙うアカウント設計から、運用成果のレポーティングまでを一括で行なっています。

これまでに支援したアカウントでは、フォロワー数を6か月間で1.2万人増やしたり、ウェブサイト流入数を900%アップさせたりした実績があります。

インスタグラム上で集客・売上を伸ばしたい方は、OIKAZEへお問い合わせください。

\運用に関する無料相談実施中!/

まとめ

インスタグラムのメンションは、アットマークからはじまる自分以外のユーザーのタグ付けをすることを言います。メンションは、フォロー状況に関わらず利用できることから、インスタグラムの運用に力を入れたい方であれば、積極的に利用したい機能です。

また、店舗を運営している方であれば、足を運んでくれたユーザーからメンションを受けることがあります。メンションを受けた際は「いいね」や「リポスト」を利用し、ユーザーとのコミュニケーションを積極的に取っていきましょう。

\運用に関する無料相談実施中!/